カードローン審査を徹底調査!

カードローン審査に通りやすい人/カードローン審査を徹底調査!

キャッシング・ローン審査に通りやすい人

キャシングローンの審査に通りやすい人として、次のような3つの種類の人が挙げられます。

 

一つ目は、3年以上勤続している公務員で、年収は400万円以上で独身、そしてアパート暮らしで他社からの借り入れなどの借金がない人です。なぜこのような条件に当てはまる人が審査に通りやすいかというと、公務員で収入の安定が見込め、また独身なのでお金を自由に使え、そして借り入れなどの借金がないので継続した返済が見込めるからです。

 

2つ目は、5年以上勤続している一般企業に勤めている人で、年収は600万円ほどで既婚、そしてアパート暮らしで他社からの借り入れが2社で50万円ほどの人です。この条件に当てはまる人が審査に通りやすい理由は、5年以上勤続しているので比較的安定した収入が期待でき、他社からの借り入れ金額も、年収から考慮すれば返済可能ですし、毎月の返済が期待できるからです。

 

3つ目は、10年以上勤続している一般企業に勤めている人で、年収は500万円ほどで既婚、そしてマイホームを所持していて他社からの借り入れが2社で100万円ほどの人です。この条件に当てはまる人が審査に通りやすい理由は、勤続年数が長10年以上と長いので安定した収入が期待でき、またマイホームを所持しているので返済不可能になったときの担保を確保できるからです。

 

以上の審査に通りやすい3つの種類の人には、共通の点があります。安定した収入が期待できることと、借り入れの返済ができなくなった場合の担保が確保されているということです。公務員は解雇という予測不能な事態にはならないので返済を見込めますし、一般企業に長く勤続している人も安定した収入を期待できます。また独身なら、既婚者よりも自由にお金を使える分、返済の見込みがあります。他社からの借り入れが少ない場合も、ある程度収入があるので、他社だけでなく、自社の借り入れ金の返済も期待できます。そしてマイホームを所持している人は、持ち家を担保にすることができ、返済不可能になったときの債権回収の手段とすることができます。

 

このように、キャッシング・ローンの審査に通りやすい人は、安定した収入があり、確実な返済を期待できる人なのです。しかし他社からの借り入れが少ない金額だったとしても、返済を遅延したり滞納したりしている人は、落ちる可能性もあるので注意してください。つまりキャッシング・ローンの審査に通りやすいのかどうかの判断は、返済能力の有無にあると言えます。

 

キャッシング・ローンは、審査に通りやすい条件に自分が当てはまっているのかどうかしっかりと考えたうえで、行うようにしてください。

カードローン審査に通りやすい人/カードローン審査を徹底調査!関連ページ

審査に通るコツ
カードローンの審査を徹底調査しました。
カードローンのお試し審査
カードローンの審査を徹底調査しました。

ホーム サイトマップ