カードローン審査を徹底調査!

カードローン審査に通るコツ

審査に通過しやすいのはどんな人?

キャッシングやローンの審査で通過しやすい人というのはいくつかの条件があります。中でも特に、今までに他社も含めて融資を受けたことがない人は審査に通過しやすいです。
融資を受けたことがないということは、これまでに金銭的に困窮する状況になったことがないということでもあります。その為、自分の収入に見合った堅実な生活を送っている人という見方がされるのです。
キャッシングを利用したことのない人で融資希望額が収入に対して多すぎなければ、ほとんど問題なくお金を借りることができるでしょう。

 

そして過去に借り入れを行ったことがある場合でも、きちんと返済が終わっていれば比較的審査に通りやすい傾向があります。
過去の借り入れで問題なく返済しているということは、「きちんと返してくれる人である」という判断材料にもなるのです。
特に一度の遅延もなく完済しきっている場合は、それだけ計画性を持って返済してくれる人であるということになります。

 

時々複数の会社に同時に借り入れの申し込みを行う人がいますが、これはキャッシング会社に「焦っている」という印象を与えるので良くありません。
1社だけの申し込みを行う人の方が計画性を持っていると判断され、審査に通過しやすくなります。

 

また、各金融機関によって審査の通りやすさには差があります。一般的に銀行よりも消費者金融の方が審査基準は甘くなっています。
銀行と異なり、消費者金融の場合は無担保でお金を借りる場合がほとんどです。審査対象となる項目も銀行より少ないので、そうした理由から消費者金融の審査は甘くなっていると言うことができます。

 

職業による信用度

キャッシングやローンの審査に大きな影響を与えるのが収入の安定性です。
毎月きちんと決まった額の収入を得ることができる職業であればあるほど、返済能力は高いと判断されます。
しかし安定収入を得ているといってもいつ解雇されるか分からない職業に対しては少々審査が厳しくなる場合もあります。とにかく「安定」を持っている職業であれば、キャッシング会社への信用度はぐっと上がるのです。

 

例えば公務員などは、突然解雇される危険性が非常に少ない職業です。安定した収入、安定した雇用環境ということになりますので、キャッシング会社が求める「安定」を満たしています。
また会社役員の場合も解雇の危険性が比較的低いことや収入面で信用が上がる為、審査で有利になりやすい職業と言えるでしょう。

 

キャッシングやローンの審査では「いかにきちんと返してくれる人か」という点を判断します。その為安定した収入を得られる安定した職業の人間の方が、融資を受けやすくなるのです。
もちろん多少不安定な職業に就いている場合でも、きちんと収入を得ていて身の丈に合った融資額を希望している分にはあまり問題にはなりません。
無担保での借り入れの場合は、どれだけ信用してもらえるかがとても重要なことなのです。

カードローン審査に通るコツ/カードローン審査を徹底調査!関連ページ

審査に通りやすい人
カードローンの審査を徹底調査しました。
カードローンのお試し審査
カードローンの審査を徹底調査しました。

ホーム サイトマップ